【100年使える一生モノ】ロッジのスキレットを徹底解説!おすすめサイズ一覧や他社スキレットとの比較も

ロッジのスキレット_アイキャッチ
  • URLをコピーしました!

365日毎日キャンプ飯を発信しているベランダ飯です!どうぞお見知りおきを!

今回は120年以上の歴史を誇るLODGE(ロッジ)の「スキレット」を紹介します。

ロッジのスキレットは他社のものに比べ肉厚で、高品質な鋳鉄を採用。

スキレットといえばロッジ!」と言ってもいいほど、数あるスキレットのなかでも特に優れた性能を持っています。

ベランダ飯

料理のプロがこよなく愛するロッジのスキレット! 僕も愛用してるよ!

本記事ではロッジのスキレットをおすすめする理由、サイズ(大きさ)の一覧、

お手入れ方法や他社スキレットとの比較もふくめて徹底解説します!

▼ 好きな所まで読み飛ばす ▼

目次

ロッジのスキレットの特徴、5つのポイント

ロッジのスキレット_ガスバーナーの上、斜めから

ロッジのスキレットは数あるスキレットの中でも、特に優れた性能・機能性をもっています。

この章では、ロッジのスキレットのおすすめポイントを5つにまとめてみました。

料理を抜群においしくする鋳鉄製!

スキレットでステーキ肉を焼く

スキレットとは鋳鉄製(キャストアイアン)のフライパンのことです。

底が厚めに作られており、熱が食材にゆっくり・じっくり・まんべんなく伝わります。

高温調理にも強く、食材のうま味を凝縮することができるため、料理がおいしく仕上がるのが特徴です。

ベランダ飯

ロッジのスキレットは、普通のフライパンよりも料理がおいしくなる!

とくにロッジのスキレットは鋳鉄の品質が高く、さらに厚さ5mmという肉厚の底になっているため、他社のスキレットに比べても一段優れた性能をもっています。

また蓄熱性が高いので食材の温度が下がりにくく、スキレットを器代わりに食卓に出せば、料理が冷めることなく温かいまま食事を楽しむことができます。

IHにも対応!さまざまな熱源で使える

IHクッキングヒーター

ロッジのスキレットはIHクッキングヒーターにも対応しています。

ご家庭のガスコンロやIH、キャンプでのガスバーナーや焚き火、その他ハロゲンヒーターやオーブンなどさまざまなシーンで使うことができます。

ベランダ飯

いつでもどこでも、時と場所を選ばずに調理できるのが魅力!

さまざまな料理に対応!キャンプにもおすすめ

ロッジのスキレット_焚き火でソーセージを焼く

ロッジのスキレットは、一人何役もこなす最高のユーティリティプレイヤー

肉や魚を焼く、パンやピザを焼く、野菜を炒める、カレーや鍋を煮込む、さらに蓋があれば蒸し焼きや燻製までできてしまいます。

キャンプなどなるべく荷物を少なくしたいアウトドアシーンでも、スキレット一つ持っていけばだいたいの料理はできてしまうのですね。

ベランダ飯

僕も最近はちっちゃいスキレットを1つ持っていくだけ!

シーズニング不要!すぐに使える

スキレットでステーキ肉を焼くアップ

シーズニングとはいわゆる油ならしの作業のことで、表面の微小孔を油(サラダ油やオリーブオイルなどの食用油)で埋め、焦げつき・汚れのこびりつき・サビなどを防ぐ効果があります。

スキレットに限らず鋳鉄製の調理器具ではシーズニングが必要なのですが、ロッジのスキレットは出荷時にシーズニング(油ならし)済みです。

ベランダ飯

購入後はお湯や水でササッと洗うだけですぐに使うことができます。

しかしシーズニング不要というのはあくまで「購入後にはじめて使う際は」という意味です。

使用後は他社のスキレットと同様に毎回のシーズニングが必要なので注意しましょう。

100年使える!一生モノのフライパン

ロッジのスキレット_ロゴお刻印

ロッジのスキレットは、大切に使えば100年使える一生モノのフライパンです。

いや、100年どころか寿命はない!と言っても過言ではないと思います。

「100年使える!」と謳っているメーカーはたくさんありますが、実際に100年以上も高品質なスキレットを作り続けている会社は、ロッジ以外にはほとんどないはずです。

料理するたびに油が馴染んでいく。長く使うほどにメンテナンスも楽になる。

ちょっとお値段はお高いかもですが、ロッジのスキレットはその価値がある優れたアイテムなのです。

ベランダ飯

個人的には余裕で「買い」だと思うよ!

▼ 好きな所まで移動 ▼

ロッジのスキレットの弱点

ロッジのスキレット_トマト料理を作る

ロッジのスキレットは長所ばかりではありません。短所(弱点・デメリット)もいくつか存在します。

ぜひ悪い所も知ったうえでご購入を検討ください。

女性には重い

ロッジのスキレット_バーナーの上に乗せる、横から

これはロッジのスキレットというよりは、鋳鉄製の調理器具すべてに共通のデメリットではありますが…

スキレットは厚手の鉄なので、どうしても重いという弱点があります。

ベランダ飯

重いということは厚みがあるということなので、長所の裏返しなんだよね。

男性であればそれほど気にならないかも知れませんが、女性や子供など非力な方にとっては扱いにくいと思います。

インチ数 重量
5インチ(ミニチュア)0.32kg
6.5インチ0.88kg
8インチ1.49kg
9インチ1.93kg
10.25インチ2.54kg
12インチ3.6kg

ちなみに僕がもっているロッジのスキレットは10 1/4インチ(2.54kg)ですが、かなり重いです。

2lペットボトル + 500mlペットボトルを片手で持つのと同じですからね……

取っ手が熱くなる

ロッジのスキレット_取っ手

ロッジのスキレットは取っ手(ハンドル)の部分まで、一体型の鋳鉄になっています。

なので火にかけると取っ手も熱くなります。ヤケドに注意ですね。

革製グローブや下記のようなハンドルカバーを使ったり、ハンドタオルをぐるっと巻いて使うようにしましょう。

お手入れをサボると錆びる

ロッジのスキレット_鍋肌

ロッジのスキレットは鉄製なので、毎回のメンテナンス(お手入れ)を怠ると錆びることがデメリットです。

後ほどお手入れ方法も解説しますが、洗い終わったらしっかりと火にかけて乾燥させ、油をぬって湿気の少ない場所で保管するようにしましょう。

ベランダ飯

慣れちゃえばぜんぜん苦じゃないんだけど、超絶ズボラな人はスキレットに向かないね。

僕が以前にやってしまった失敗としては、しっかり乾燥させてシーズニングしたのにもかかわらず、別の水に濡れたフライパンに重ねて保管してしまったこと。

幸い錆びはすぐに落とせましたが、せっかくのロッジをダメにしてしまわないように注意したいですね。

▼ 好きな所まで移動 ▼

ロッジのスキレットのサイズ(大きさ)比較

ロッジのスキレット、サイズのラインナップ

ロッジのスキレットは全部で6つのサイズ(大きさ)があります。

それぞれをくわしく比較してみましょう。

ベランダ飯

迷ったら8~9インチがおすすめだよ! ただし、9インチが品薄なのかちょっとお値段お高め。

スクロールできます
インチ数 おすすめ人数 サイズ 重量 価格相場
6.5(6 1/2)インチ1人用長さ26.0 × 内径15.5 × 深さ3.0cm0.88kg1,700~1,950円
8インチ1人用長さ32.5 × 内径20.2 × 深さ4.3cm1.49kg2,000~2,450円
9インチ1~2人用長さ34.8 × 内径22.5 × 深さ4.3cm1.93kg3,450~3,850円
10.25(10 1/4)インチ3人以上用長さ42.0 × 内径25.7 × 深さ4.7cm2.54kg2,600~3,000円
12インチ大家族やパーティで!長さ45.5 × 内径29.9 × 深さ5.2cm3.60kg4,550~7,500円
5インチ(ミニチュア)目玉焼き1個とか?長さ15.2 × 内径10 × 深さ2.2cm0.32kg1,400~1,850円

※2022年1月執筆時点のAmazon・楽天市場における実売価格の相場です。

ロッジ・スキレット 6.5インチ

ロッジのスキレット6.5インチ

画像引用:6.5 Inch Cast Iron Skillet( スキレット 6 1/2インチ) – LODGE(ロッジ)|公式ブランドサイト

ミニチュア(5インチ)以外では、ロッジのスキレットの中で最小である6.5(6 1/2)インチサイズ。

内径15.5cmというと、大人の男性の手の平くらいの大きさですね。

朝食の目玉焼きベーコンやお酒のおつまみなどをササッと作るのに適しています。

ソロキャンプであれば十分な大きさ。ただし大きめのステーキ肉を焼いたりするには、小さいと感じます。

重さも0.88kgなのでとても扱いやすく、調理後に食卓にそのまま出してもお洒落なサイズ感です。

ベランダ飯

小ぶりでも十分な性能を備えた、ソロキャン推奨サイズ!

サイズ長さ26.0 × 内径15.5 × 深さ3.0cm
重量0.88kg
おすすめ人数1人用
価格相場1,700~1,950円

ロッジ・スキレット 8インチ

ロッジのスキレット8インチ

画像引用:8 Inch Cast Iron Skillet( スキレット 8インチ) – LODGE(ロッジ)|公式ブランドサイト

6.5インチよりも一回り大きな8インチ(内径20.2cm)サイズ。

お肉とサイドディッシュを一緒に焼けるくらいの大きさです。

ワンディッシュプレートみたいに使えるので、とても便利なサイズ感と言えますね。

重量も1.49kgと、ロッジのスキレットの中ではまだまだ軽いほう。

1~2人でのキャンプなどアウトドアシーンのほか、一人暮らし~夫婦2人のご家庭での普段使いにもなにかと便利なサイズです。

僕も1人でキャンプ場に泊まる時にはこの8インチのスキレットを愛用しています。

ベランダ飯

ほぼ焼肉やジョンソンヴィル(ソーセージ)しか焼かないけどね!

サイズ長さ32.5 × 内径20.2 × 深さ4.3cm
重量1.49kg
おすすめ人数1~2人用
価格相場2,000~2,450円

ロッジ・スキレット 9インチ

ロッジのスキレット9インチ

画像引用:9 Inch Cast Iron Skillet( スキレット 9インチ) – LODGE(ロッジ)|公式ブランドサイト

9インチ(内径22.5cm)は、ロッジのスキレットの中ではちょうど真ん中くらいのサイズ。

対象人数としては2~3人、いや4人くらいまではいけるでしょうか。 1人用としてはちょっと持て余す大きさだと思います。

大きめのステーキや、お魚をまるまる一匹使ったアクアパッツァなど、やや大きめの料理に向いています。

重量は2kg弱なので、2リットル入りペットボトルとほぼ同じ重さです。

これを片手で持つと考えると…… 女性や子供にはちょっと厳しいかもしれませんね。

ベランダ飯

いろんな料理に対応できる便利なサイズだけど、重さを考慮して購入を決めよう!

サイズ長さ34.8 × 内径22.5 × 深さ4.3cm
重量1.93kg
おすすめ人数2~3人用
価格相場3,450~3,850円

ロッジ・スキレット 10.25インチ

ロッジのスキレット_手羽先を炒める

ロッジのスキレット10.25インチ(内径25.7cm)は、3~4人に対応できる大きめのスキレット。

今回この記事で紹介している写真のほとんどは、この10インチのスキレットです。

ベランダ飯

ピザのMサイズがだいたい25cmほどなので、イメージがつきやすいかもね。

焼きそばが3玉、チキンが3つ、ハンバーグであれば4つくらいは一度に焼けるサイズ。3人前くらいのチャーハンを炒めることができます。

深さが5cm近くもあるので、ちょっとした鍋としても使えると思います。

夫婦2人と子供1~2人くらいのファミリーキャンプに丁度いい大きさじゃないでしょうか?

重量が約2.5kgですから、2lペットボトルと500mlペットボトルを合わせた重さです。

持ち運びにもやや躊躇する重さですし、さらに食材が入るとかなり重くなるので、女性には扱いにくいと思います。

ロッジのスキレット_反対側の取っ手

ただし、ロッジのスキレットはこの10 1/4インチからハンドルの反対側に取っ手がつくようになります。

つまり両手持ちができるということですね。

サイズ長さ42 × 内径25.7 × 深さ4.7cm
重量2.54kg
おすすめ人数3~4人用
価格相場2,600~3,000円

ロッジ・スキレット 12インチ

ロッジのスキレット12インチ

画像引用:12 Inch Cast Iron Skillet( スキレット 12インチ) – LODGE(ロッジ)|公式ブランドサイト

ロッジのスキレットの中ではもっとも大きなサイズ、12インチ(内径29.9cm)

ピザのLサイズが約30~35cmなので、結構なビッグサイズだということが分かると思います。

重量はなんと3.6kg。新生児よりもやや重いくらいですから…… こんなもの片手じゃ扱えないですよね。

人数的には4人以上の大人数向け。大家族やホームパーティ、グループキャンプなどに最適な大きさだと思います。

ベランダ飯

めちゃくちゃ重くて扱いにくいから、慎重に検討しよう!

サイズ長さ45.5 × 内径29.9 × 深さ5.2cm
重量3.6kg
おすすめ人数大家族やパーティで!
価格相場4,550~7,500円

ロッジ・スキレット 5インチ(ミニチュア)

ロッジのスキレット5インチ_ミニチュア

画像引用:3.5 Inch Cast Iron Mini Skillet(ミニチュア スキレット) – LODGE(ロッジ)|公式ブランドサイト

ロッジのスキレットには、6.5インチよりもさらに小さい、 5インチ(内径10cm)サイズが存在します。

いわゆる「ミニチュア」と言われているサイズです。番外編みたいな扱いですかね?

目玉焼き1個サイズと書かれていることが多いですが、さすがに目玉焼き1個だけのために購入するわけにはいかないので……

ベランダ飯

う~ん、何に使うんだろう?

なにか別の料理やディップやソースを作るのに使ったり、ガーリックシュリンプやミニサイズのアヒージョとかなら使えるかもですね。

チーズケーキやプリンなどのスイーツを作るのもいいかもしれません。

取っ手の部分も含めても15cmほどで、この大きさならご家庭のオーブンにも入るから、焼き菓子なども作れると思います。

サイズ長さ15.2 × 内径10 × 深さ2.2cm
重量0.32kg
おすすめ人数目玉焼き1個とか、家庭用オーブンに入るサイズ
価格相場1,400~1,850円

ロッジの蓋には驚くべき効果が!

ロッジのスキレットの蓋

画像引用:ロッジ スキレットカバー 10-1/4インチ L8IC3 | LODGE | A&F COUNTRY

ロッジのスキレットは、それぞれのサイズに対応した蓋(カバー)が存在します。

蓋(カバー)を組み合わせることで、煮込み料理や蒸し焼き料理など幅広い料理に対応することができます。

また、このスキレットの蓋には料理を美味しくする工夫が施されているのです。

ベランダ飯

僕もはじめ「高いからフタはいらないかなぁ~」って思ったんだけど、これを知ると欲しくなる!

旨みを凝縮するベイスティング効果

ロッジの蓋はベイスティング効果がある

画像引用:美味しさの秘密 – LODGE(ロッジ)|公式ブランドサイト

ロッジのスキレットの蓋の裏にはたくさんの突起が施されています。

この突起が水蒸気を保持しつつ水分に変え、食材の旨みを含んだ水分がふたたび食材に注がれることになります。

ベランダ飯

煮汁をすくって上からかけて…… みたいな作業(ベイスティング)を自動でやってくれるんだね!

これはストウブの鍋などにも採用されている「セルフ・ベイスティング・システム」と言われる仕組みで、

食材の旨みを外に逃さずに循環させることで、旨みをギュっと凝縮させ、料理を美味しく仕上げることができるのです。

密閉状態にするウォーターシール効果

ロッジは蓋が重いので圧力がかかる

画像引用:美味しさの秘密 – LODGE(ロッジ)|公式ブランドサイト

ウォーターシール効果とは、スキレット本体と蓋のすきまに水分の膜を作り、内部を密閉状態にすることを指します。

これにより熱と水が外に逃げるのを防ぐことができるのです。

ロッジのスキレットの蓋は重量があるので気密性が高く、圧力をさらに高めることになります。

食材の旨みを閉じ込めるとともに、食材が芯から柔らかくなるのですね。

ベランダ飯

無水料理や無油料理もできちゃうよ!

ロッジスキレットの蓋の代用になるものは?

ロッジのスキレットの蓋は高額です。そもそも定価では本体と同額ですからね。

なので代用品を購入するというのも1つの手です。

小さいサイズなら100均(100円ショップ)でも売っていますし、ニトリなどの量販店でも安く入手することができます。

サイズさえ合っていれば、蓋としての機能を(一応は)果たすでしょう。

しかし先に述べた「ベイスティング効果」「ウォーターシール効果」は期待できません。

突起もないですし、重くもないですし、(注ぎ口部分など)微妙に形が違うので気密性も期待できません。

ベランダ飯

料理の美味しさを優先するなら、ロッジ純正の蓋を使おう!

▼ 好きな所まで移動 ▼

ロッジのスキレットのお手入れ方法

ロッジのスキレット_斜め

ロッジのスキレットはとても優れた製品ですが、日々のお手入れ(メンテナンス)を怠るとその性能を充分に発揮することができません。

錆びてしまったり、料理が焦げついてしまったり、割れてしまったりするのです。

ベランダ飯

長く使えるよう、正しく・丁寧にお手入れしよう!

※ロッジ公式のお手入れ方法がYouTube動画にまとめられています。

ロッジのスキレット_アイキャッチ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる